ドライアイとは

ドライアイとは角膜乾燥症ともいう目が乾く病気です。ドライアイにかかると涙の量が少なくなったり、涙の成分が変わってしまうことで目が乾燥した状態なり、傷が付いてしまいます。この傷から雑菌などは入り込むと深刻な疾患になってしまう事もあるので、気をつけましょう。


最近のオフィスではほとんどパソコンを使って作業をしていますし、家に返ってもテレビをみたりコンピュータゲームをしたりすることが多く目を酷使している現代人はドライアイになる可能性がとても高く、パソコンを使うオフィスでは実に30%の人がドライアイの症状が出ているというデータもあるほどです。オフィス勤めの方の中には、最近よく目が疲れる、乾きがひどくなったという心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方はすでにドライアイにかかっている可能性もあります。

そうだ、コンタクトにしよう♪とお考えの方は要注意。コンタクトを身に付ける場合ははケアまでしっかり考えて利用するようにしましょう。度ありカラコン通販のサイトなどではドライアイや他の眼病に対する注意も書かれているはずです。アレルギーや合わないのに無理矢理つけるのではなく、通販などでメガネに変えて目をいたわりましょう。

 

このページではそんな現代人にとってもはや放っておけなくなっているドライアイに関して取り上げ、ドライアイの対処方法や、ドライアイの予防法などを解説していきたいと考えています。

ドライアイの恐怖

ドライアイは目が乾いてしまう病気なのですが、なぜ目が乾くと体に良くないのでしょうか?ドライアイの原因は涙の出る量が少なくなることが原因です。この涙はとても重要な役割をもっており、常に目が乾かないように表面を循環しているだけでなく、栄養や酸素を送り込んで健康を保っているのです。このような重要な役割を担っている涙が、ドライアイによって少なくなったり、成分が変わってしまうと当然、目の健康は損なわれる事になります。十分な涙が行き届かなくなるため、乾燥して不快になったり、とても疲れやすくなってしまい、進入してくる様々な雑菌に対する抗菌効果が低下してしまうのです。

 

このような状態が長く続くと、保護膜である涙が不足している事が原因で目に傷ができてしまいます。そしてその傷からばい菌が入ってしまうとさらに深刻な病気になってしまう可能性が高くなり、取り返しの付かないことにもなりかねません。たかがドライアイと甘く見ることなく、少し危ないかなと思ったら我慢せずに眼科検診を受けることをオススメします。
現代社会で一番疲れやすい部位である目のケアを一緒に考えて下さい。

ドライアイと涙の関係

涙は目の健康を守る為、ドライアイを防ぐためには必要不可欠なものです。涙の量や成分が変わってしまうドライアイは実はとても危険な病気なのです。近年では仕事でパソコンを使うことが増えてきたため、1日中モニタを見ているという人がとても多くなってきました。パソコンのモニタは常に発光しているため、目に刺激を与え続けます。そのためどんどん疲れていきドライアイになる確率が増えていくというわけです。昔は、パソコンを使う人は限られていたためドライアイはさほど問題にもならなかったのですが、近年のパソコンの普及によって、現代人の涙の量は平均的に少なくなってきており、ドライアイの問題が表に出てきたのです。

涙が少なくなると目が充血したり、ゴロゴロ感がでてきたりと不快な思いをすることになります。この状態がどんどんひどくなるとドライアイになります。さらに、ドライアイにかかると十分に涙が行き届かなくなった目には酸素や栄養が行き届かないため抗菌能力が低下して大きな病気にかかりやすくなってしまうのです。

 

他にもドライアイにかかる原因はありますが、とにかくドライアイは皆さんが思っているよりもきけんな病気です。ドライアイによる眼精疲労や、疾患がひどくなる前に検査をうけてドライアイを克服しておきましょう。
基礎からがっちりコンタクトの知識を付けていればドライアイになる確率も低くなります。


recommend

医療用ウィッグの販売サイト
http://embellir.shop-pro.jp/

2016/1/4 更新

このページはリンクフリーです。どのページからでもご自由にリンクをお張りください。